×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

引越 〜東京から奈良へ〜



みりまなが3歳になった夏の終わり、

お父さんの転勤で関西へ行くことになりました。

もともと主人は大阪出身、実家も大阪ですので、

いずれは関西へ行く覚悟はありました。

でも、この年の初めに妹がカナダへ行き、今度は私たちまでが・・・

みりまなの面倒をたくさん見てくれたおばあちゃんに、

すごく申し訳なくて・・・

1年ぐらいは単身赴任・・・とも考えたのですが

やはり、小さいうちは家族一緒が一番だと、決心しました。

お兄ちゃんも小学校に入学したばかりでしたが、転校です。


社宅のある奈良に引っ越してきました。

みりまなは、とにかくすごい人見知り・・・

でもま、双子というちょいと珍しい存在ということで・・・

同じ年頃の子たちや、お母さんたちもすぐに近づいてきてくれて

<こういうときはお得ですね>

少しずつ溶け込んでいきました。

お兄ちゃんも学校で、すぐに友達ができました。


今までと違って、家を出たらすぐ道路じゃないし、

広い社宅内・・・砂場も完備・・・

雨で退屈しても、広い集会所を借りれるし・・・

それはもう楽しいところでした。

幼稚園卒園までそこに住んでいました。


社宅には、住める期限があって、5年以内で引っ越さなくてはなりません。
(だから入れ替わりも激しいのです)

3年半を過ぎたころ、引越を考え始め、うちを探しました。

同じ町がよかったけれど、なかなか無くて、

結局隣の町にお引越することとなりました。

みりまなは幼稚園卒園時、小学校では今までのお友達とお別れです。

お兄ちゃんは5年生になるとき、また転校となりました。