×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

まったく知らない土地・・・奈良に引っ越してきました。

これからは、手伝ってくれるおばあちゃんもいません。

まぁそこのところは、一番大変な時期を通り過ぎていたので、

特に問題はありませんでした。

おばあちゃんと遠くはなれたこと・・・

みりまなはどうとらえていたのでしょう。

引越のときは、一緒についてきてくれていました。

そして3日ぐらいでおばあちゃんは東京へ帰りました。

あんなに毎日毎日会っていた、おばあちゃんと会えなくなっている・・・

なのにみりまなは、おばあちゃんのことは何も言いませんでした。

違う土地に来て、すべて生活が変わっているので、

頭の整理も大変だったのでしょうか。

他の3歳児より、やっぱり幼かったのだと思います。

1ヶ月ぐらいして、おばあちゃんが遊びに来てくれました。

おばあちゃんの姿をとらえたみりまな・・・

突然足を止め、呆然としていました。

すぐにおばあちゃんのほうから手をつないでもらい、

ちょっと恥ずかしげにしていましたが、じきにいつもどおりに戻りました。


【いなかったんだ・・・いなかった不思議さ・・・今いる不思議・・・】


どう思っていたのか・・今でも分かりません。(本人たちも分からないでしょうけど)


おばあちゃんがまた東京に帰るとき、駅までおばあちゃんを車で送りました。

二人とも、後部座席の後ろで顔を後ろにつけて、「ばいばい」を言いませんでした。

うちに戻って、車から二人を降ろすとき、みりもまなも声も出さずに泣いていました。

駅からずっと泣いていたんですね.。








引っ越してから