×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

言葉の遅れ
どうも双子というのは、二人何も語らなくても、

お互いが「あ・うん」の呼吸があるというか、

意思が通じるというか・・・

とにかく二人の間では、話すことがなくても意思の疎通ができている・・・らしい。

それも手伝ってか、二人は言葉が非常に遅かった。

もちろん、早産の未熟児が原因ということも考えられる。

精神的にも他の子よりかなり遅れていた。

社宅には同じ年のお友達がいたが、

その子の方は数倍、いろいろなことを理解しており、

よく喋り、みりまなをリードしてくれていた。

1〜2つ年上の子が多くいて、みんな妹のように可愛がってくれた。

ゆえに、まわりが先回りして手を出す、口を出す状況・・・

それは、家の中でも同じ状況でした・・・反省!!

本人たち、何も考えなくてもよい状況にあったわけです。

そんな成長のないまま、幼稚園入園しました。