×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

入退院  〜その2〜
     生まれたその年のクリスマスのころ・・・
まなが、また風邪をひいて入院することになりました。

クリスマスのころでした。

ちょっとでも風邪気味になると、気管が弱くて、

痰を上手く切ることができず、チアノーゼになってしまうのです。

そんな状況は今思い出しても、ぞ・・・ぞーっとします。

死ぬかも・・・って感じで、背中をとんとんとたたいて、

息を吹き返させる。

もう、本当に・・・恐い!心臓に悪い!

それがだんだん、頻繁になって、夜中病院に走ったのです。

12/24日。そう、クリスマス・イブでした。

夜中に、おばあちゃん呼び出して、

タクシー呼んで、夫と二人でまなをつれて病院へ。

即入院。

一晩中、看護婦さんがチアノーゼのたびに痰を、吸引してくれました。

朝になって、とりあえず、先生も看護婦さんもついている状況なので、

一応安心ということで、私だけ、うちに帰ることにしました。

帰って、あらびっくり、

おばあちゃんが・・・

「お兄ちゃん泣いてるのよ。サンタさんこなかった」って。

しまった!!!夜中、枕元にプレゼント置くの忘れてた。。。

あわてて、プレゼントを押入れから出して、

「ほらほら、サンタさん、こんなところに置いていってる。

サンタさん、勘違いしてここに置いちゃったんだね。」っと、ごまかした。

まだまだ、単純兄ちゃん、簡単に納得してくれて、

機嫌よくプレゼントで遊んでました。

今回の入院は2週間ぐらいだったかな。

まなの退院する2〜3日前頃、みりも同じ状況に陥り、

これまた入院しました。

みりは、年越しは病院でした。



その後、みりが退院して来たときのこと、

昼間は、日当たりのいいリビングに1つベッドを持ってきて、

同じベッドで二人過ごすように、なっていたのですが、

しばらくそこで、一人で過ごしていたまなは、みりが帰ってきて、

同じベッドに寝かせたところ、

横目で、みりをジローーーと見て・・・ほんとにジローっとにらんだ。


誰これって感じで。

笑えました。

少しずつ、回りの状況が理解できるようになってきたようです。