×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

11ヶ月の頃 〜入院その3〜
11ヶ月の頃、扁桃腺をこじらせて、みりが入院しました。

入院してから、1週間ぐらいたって、だいぶ元気になってきたときのことです。

その病院の小児科病棟は、部屋の一つ一つが、ガラス張りで

ナースセンターからはすべて見通せるようになっています。

必然的に、みりの病室からも他の部屋をほとんど見渡せる状態です。

そこで、いくつかの部屋の向こうに、

出産のとき入院していた私の病室で一緒だった方を見かけました。

確か、その方も早産で、お子さんが未熟児室のほうに

入っていると言っていました。

8ヶ月で生まれてしまったので、自分の肺で呼吸できず、

何か機械を取り付けているとも聞きました。

確かにそのお母さんでした。

うちの子は、一応3ヶ月ぐらいからは、順調に育っていきましたので 

11ヶ月のそのときは、もうつかまり立ちしてベットの中で、

きゃっきゃと言っていました。

ふと、そのこの方を見ると、お母さんが抱き上げたとき、

首がまだ据わっていない状態だったのです。

ちょっとショックでした。

だって、うちの子たちだって、そういう状態もありえたのですから。

うちの子たちはぎりぎりで、助かったのだなと思いました。

昔、未熟児って聞いても、そんなに大変なことだと思わなかった。

結構みんな普通に育っているじゃないって。

そういう人にしかめぐり合っていなかったから。

だから自分もそういうことに無頓着だった。

早産の未熟児は、赤ちゃんもかわいそうだし、お母さんも大変。

自分はもう、生むことはないだろうけれど、

妊婦さんには、本当に臨月までお腹で大事にしてあげてねって思います。


みりは、2週間ほどで退院しました。

今回はまなが入院することはありませんでした。